ファミペイで無料酒をゲットすることについて

お得、ポイント
いつも応援ありがとうございます!

こんにちは。のり(@nori19701128)です。

今回はコンビニのファミリーマートの決済アプリ「ファミペイ」で無料酒のクーポンのゲットの仕方についてお話したいと思います。

「どうやったら無料酒クーポンを配信してもらえるか」というテーマでtwitterのフォロワーのみなさんとワイワイしながら仮説を立てて、検証をしていきました。

楽しい時間でした。

ファミペイでお酒の無料クーポンが届く人届かない人がいる

コンビニ大手 ファミリーマートの決済アプリ「ファミペイ」

日頃の買い物にほとんどコンビニを使わない私ですが、それでも最寄り駅の改札の目の前にファミリーマートのお店があるものですから、帰宅前に自分のためにお酒を買ったり、家族へのお土産にスイーツを買ったりと、チョイチョイ使いはしていました。

なので「月に2-3回くらいだけど、ファミマ使わなくはないし、なにかお得があるかもしれないからアプリいれておくかぁ」

くらいの軽い気持ちでファミペイアプリを自分のスマホにダウンロードしたのが今年2021年の6月のこと。

しかし「なにかお得があるかも・・・・」どころの話ではありませんでした。

なんと6月から9月の間にファミマでお酒が無料でもらえるクーポンが5本ももらえたのです!

最初にファミペイをインストールしてから11日後には1本目の無料クーポンが配信され、その後4か月の間に計5本です。

先ほども言いましたが特段大きな期待もなく、気軽な気持ちでアプリをダウンロードしたので、お酒好きな私には嬉しい大誤算でした。

ところがです。

そうした喜びのツィートを挙げてたところ、同じファミペイをダウンロードしているのに無料酒クーポンをもらえない人が案外多いということがわかったのです。

どうやら両極端にわかれていて
もらえる人は月に1回以上のペースでもらえるのに、
もらえない人はまったくもらえたことがない
、ということのようです。

この件については「なぜ?」と思っている方が多かったようで、多くの方がtwitterのリプライに参加されてきました。

りょうさん
なこたん
守銭道さん
あるぷさん
まささん

です。

ファミペイ無料酒クーポン配信の謎を解くために、twitterタイムラインのやりとりだけでなく、このメンバーでDMグループを作り、オンラインミーティング(飲み会)を開催して熱い議論が交わされたのでした。(飲み会)

仮説と検証

ファミペイ無料酒クーポンがもらえるもらえない人の差はどこにあるか・・・

その謎を解くために出てきた仮説は次のようなものです。

・ファミマの商圏内に住んでいる。
・ファミペイに住所登録をしている。
・ファミペイで使われるTポイントやdポイントのwebサイトの「ライフスタイル情報」に「飲酒の頻度」を登録している。
・ファミマでお酒を買ったことがある

などでした。

住所はまさかこのためにファミマの近くに引っ越すといことはありえませんから、アプリやサイトへの登録や、ファミペイを使ってお酒の購入するなど、みなさんやれるところからやっていこうと「無料酒ゲットにむけて」取り組みを開始されました。

ちなみに私は上の条件には全てあてはまっています。

そうした努力の甲斐があってかこれまでもらえなかった人達からも次々と喜びの声が・・・!

色々仮説を立てて検証してみましたが、どうやら

「ファミペイを使ってファミマの店頭でお酒を買う」

行為をすることでその後無料酒クーポンが配信されるようになるようです。
ポイントサイトでアンケート入力をしなくとも配信はされるようですね。

アンケート入力は自己申告ですから、未成年にお酒の無料クーポンが配信される可能性が残されているものには配信はできないということでしょう。

その点店頭購入する場合は目視で成人か否かを確認しているわけですから、お店でのお酒の販売履歴が残されている人にはクーポンの配信がされるのだと思われます。

1点だけ例外はあって守銭道さんはファミマでお酒は買ったことはないものの、ファミペイスタート時からのユーザーで、最初からクーポンでしかファミマでお酒を購入していないとのこと。

初期からのユーザーは店頭でクーポンの交換履歴があるので、成人と判定されてそのあとも無料酒の配信がされているのだと想像されます。

ネットで調べればもっと簡単に無料酒クーポン配信の条件を検索できたのかもしれませんが、あえてそれをせずに、仲のいいみなさんとあーでもこーででも言いながら楽しんでいる時間は楽しめましたね。

その結果としてみなさん無料酒をゲットできたので楽しみながらも有意義な時間であったのだとも思います。

無料酒クーポンは販促費?

最後に今回の参加メンバーから出た疑問についての考察をして終わりにしたいと思います。

その疑問とは「たいしてファミマを使っているわけでもないのに、無料酒クーポンをこんなに配信して元がとれるのか?」

というものです。

確かに冒頭お話した通り、私自身もファミマのヘビーユーザーというわけではなく、むしろ回数で言えば少ないほうなのだと思います。

ではなぜそんな私にも無料酒クーポンがくるのか?

これから先は種類は違えど同じ小売業に身を置いてきた私の想像の話になりますが、ファミマとしてはお酒をはじめとする各種クーポンを販促費としてとらえているとだ思います。

無料クーポンを配信して使ってくれた人の何%かが、リピーターになってくれて、ついで買いをしてくれて、さらに今回の我々のようにSNSで発信してくれるのであれば、それで目的を達成しているのだと思います。

例えば数十万本無料酒をくばって、そのうち数万人がついで買いしてくれて、さらにそのうちに数千人がSNSで投稿してくれるのであれば、それこそ何十億円とかけて全国TVCMをうつよりは、安価で効率がいい販促になっているのではないでしょうか。

これまでの実績が出ていればメーカーにも負担してくれと原価の交渉もできるでしょうし、無料酒が配信されるとついで買いで買われる商品もデータがあるでしょうから、その商品を仕入れておくことで、無駄なく商品を仕入れて売り上げにつなげることができるだと思います。

そしてSNSです。

今回の私たちのように「無料ビールゲットー!」とツィートしてくれれば、それこそお金がかからない「無料の宣伝員」です。

さらにそのうちの何割かは、ブログで記事にすることでそれを読んでくれる人が出てきて・・・と情報が拡散されることを期待しているのだと思われます。

そう、これを書いている私とそれを読んでいただいているあなたのように。

関連記事です

ラジオもやっています。よかったら聞いてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました